側湾症 トップへ
側湾症体験記
10.近況報告
10-2 人間ドック

この歳(45)にして、初めて人間ドッグに行きました。

フルタイムで仕事をしてる時は、仕事先の検診を受けていて、退職してパートになってからは、市の検診を受けていて、胸のレントゲンは撮っても、肺は異常なし、と書類が送られてくるだけでした。

たまたま機会があり、初の人間ドッグを受けることになり、久しぶりに自分のレントゲンを見ました。

毎度のことながら、立派な曲がりっぷりにびっくりします。

先生は、すごく優しい感じの方で、私が、
「すごい曲がってますね(>_<)」
と言ったら、
「そうだね~。でも、他の検査はオールAだし、痛いところとかないんでしょ?大丈夫ですよ♪」
との事。

このセリフ、前にも聞いたことあるな…。
かれこれ20数年前の就職の時の検診でもまったく同じこと言われたんですよね。

整形外科では、側弯症は進行期(思春期)を過ぎれば経過観察となります。
そして、どこか痛くなったら、その部分のケアをしてくれるんだと思います。

たとえば、腰が痛くなったとしたら、「側弯があるからしょうがないよね。あまり無理をしないようにね」とシップをくれるでしょう。

まあ、別に側弯症じゃない人も、同じように腰にシップを貼ったり電気治療をしてくれるんだと思いますが…。

炎症を起こして痛いのを鎮める治療はそれで良いと思うのですが、側弯のために筋肉が突っ張っていたり、逆に緩んでいるために炎症が起こるのならば、その筋肉をほぐしたり締めたりしてくれる整体的な治療の方がしっくりくるような気がするんです。

もし、今後どこかが痛くなったら、とりあえず整形外科へ行ってみて、「側弯だからしょうがない」と言われたら、いや言われなくても、整体へ行こうと思っています。

そういえば、人間ドックで、「胃が若々しいね」と褒められました。
胃のバリウム検査は初めてだったのですが、とっても良い状態とのこと。
確かに、最近胃が痛くなることってほとんどないです。たま~に、高級な霜降り肉を食べると消化不良になるけど、高級な肉はめったに食べないので…(^^;

側弯がひどいと、内臓に悪い影響が出ることもあるようですが、私の場合、背骨の曲がりに合わせてそれなりにポジショニングができているんだと思います。
だから、たぶんこれを手術とかで無理やり真っ直ぐにしてしまったら逆に内臓の位置が変わっていろいろとおかしくなりそうな気がします。

手術はする予定ないですけどね。